キスヴィン(山梨県)


絶えまない研鑽が高品質な葡萄を育む

キスヴィン


2002年より醸造用葡萄の栽培をスタート。栽培面積は5ヘクタールと決して大きくはないものの植物生理学の観点から土壌や葡萄生育の細部に至るまでを管理し、その時出来る最も適した方法で葡萄の栽培を行っています。醸造においても機材の徹底した管理は元より発酵や熟成を見極め最高の状態とタイミングでボトル詰めを行っており、可能な限り安定した味を楽しむことが出来ます。
農業生産法人 株式会社Kisvin  山梨県甲州市

10