シャトー酒折(山梨県)

古きをたずね、世界に通じるワインの創る

シャトー酒折


ワイナリー名の「酒折」とは、古事記に記されている山梨県で最も古い地名です。一説では大和朝廷と対立していた酒折朝廷の中心地として伝えられており連綿と続く日本の歴史と文化の含蓄が、住む人々の先見の明をより鋭敏とし葡萄品種開発の先進地として新たな一面を覗かせるに至りました。
造られるワインは、まるで息遣いが感じられる様な繊細さとエレガントさが香り、色、喉ごし、味わい…全ての要素から伝わってきます。
木下商事株式会社 山梨県甲府市

6