大那(栃木県)


大那(だいな)


慶応2年(1866年)に創業された酒造業は、「一流」「君の友」等、代々の銘柄を経て 昭和30年(1955年)菊の里酒造に発展し、多くの皆様にご愛飲頂いております。
製造本数は年間300石(一升瓶3万本)と全国的にみても小規模です。 本来日本酒は、食事と一緒に楽しむもので、しっかりとしたお米の味をベースにやさしく包み込むような酸味と 口に残らない切れ味が大切と考え究極の食中酒を目指しています。
菊の里酒造 栃木県

13