天鷹(栃木県)


天鷹(てんたか)


「天鷹酒造」は大正3年に創業し、現社長で3代目となります。 酒名の「天鷹」は創始者が京都の旅館に泊まっていたとき、天空を悠々と舞う大鷹の姿を夢に見て 「天鷹」と名付けられました。
「辛口でなければ酒ではない」というのが口癖だった創始者の信条を頑なに守り続け、 那珂川の清流のような「つるりと入って飲み飽きしない酒」を目指し、端麗辛口を造っています。
天鷹酒造 栃木県

11