豊盃(青森県)


豊盃(ほうはい)


創業は昭和初期。岩木山・赤倉山系の伏流水と契約栽培された良質の酒造好適米を用いて、造り手の顔がみえる丁寧な小仕込みにこだわって酒造りを行っています。代表銘柄「豊盃」は 味のふくらみ、柔らかくて温かみのある旨みを特徴とした優しい香味で全国の日本酒ファンから高い評価を得ており、東北の新旗手として現在注目を浴びる期待の銘柄です。

三浦酒造 青森県

0