陸奥八仙(青森県)


陸奥八仙(むつはっせん)


元文5年(1740)初代駒井庄三郎が青雲の志で近江国を出、陸奥の地にて酒造りの道に入り、以来蔵元代々「良酒一念」の想いを込めて酒を造り続けてきました。
今、八代目庄三郎は初代の志と夢を受け継ぎ、時代が求める環境と健康に配慮した安全で 美味しい酒造りに挑戦しています。
八戸酒造 青森県

9