宮寒梅(宮城県)


宮寒梅(みやかんばい)


大正5年、岩崎酒造の名で創業されました。
清酒「誉の高川」の銘柄で地元を中心に 販売していましたが、昭和14年戦時下の中、米不足のため製造を中断しました。 昭和32年、酒造りへの情熱から合名会社 寒梅酒造の名で復活しました。
生産量の中で純米酒が占める割合が60%と多く、吟醸酒を含めると80%以上が本物志向の個性豊かな地酒です。
寒梅酒造 宮城県

11