醸し人九平次(愛知県)


醸し人九平次(かもしびとくへいじ)


平成9年”醸し人九平次”という銘柄で彗星の如く現れ、スタートした若き 15代目 久野九平冶さんと、同級生であり友人である杜氏の佐藤彰洋さん、 ほか20代の蔵人でお酒を造る800石の蔵元さんです。 ある年の暮れに父と杜氏が共に病に倒れ、急きょ蔵に戻り15代目を襲名。 佐藤杜氏を誘い人一倍努力し現在に至ります。 そんな蔵元さんは、『貴賓・優しさ・懐かしさを感じていただけるお酒を造りたい 』と語ります。
萬乗醸造 愛知県

16