神雷(広島県)


神雷(しんらい)


1716年(享保元年)より中国山脈の山あいにある神石高原町油木で酒造りを営む老舗の酒造です。神雷という銘柄の由来は、その昔酒蔵に雷が落ちた際大きな被害がなく事なきを得た史実に由来しています。
周辺の豊かな自然の恵みを慈しみつつ、先人達の築いた三輪酒造らしい”清酒”の伝統文化を現代に至るまで金科玉条とし、人生の酸いも甘いも共に味わえるような度量深き潤いをもたらす一献を追求しています。
三輪酒造株式会社 広島県

7