流輝 商品一覧 日本酒通販|さいとう酒店|地酒・日本ワイン専門店


2024年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   
定休日
2024年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
定休日
 

トップ > 日本酒 > 関東地方 > 流輝(群馬県)

流輝(群馬県)


流輝(るか)


1597年、日本史で言えば豊臣秀吉公が二度の朝鮮出兵を行い翌年没する事となるこの年に、富山の地で米問屋として創業した松屋酒造。明治後期頃から酒造りを始め1951年に群馬県藤岡市に蔵を移し、神流川や鮎川の豊富な伏流水を原料として活用した日本酒を丹念に手造りしています。「流輝」とは銘柄の産みの親である6代目・松原広幸氏が自らの子に名付けようと思案していた候補の一つで、我が子と向き合う様に育み、慈しみ、愛されながら造られる味わいはどこか人間的な表情の豊かさや深みの魅力を有しています。2021年、2022年には全国新酒鑑評会で2年連続金賞に輝き、また2023年に開催された女性のみで審査がなされる「Japan Women's SAKE Award〜美酒コンクール」においてもフルーティー部門で金賞を獲得するなど今を生きる日本酒の本道を体現する旨さが名実の双方でしかと感じられます。

松屋酒造 群馬県

全6件